HOME>口コミ>シンプリーキャットフードの危険はある?愛用者の声を参考にしよう

シンプリーキャットフードの危険はある?愛用者の声を参考にしよう

ネコ

多くの人から喜ばれているシンプリーキャットフードの特徴は、何よりその安全性でしょう。合成保存料などを用いていないため猫の健康に大きく貢献するのです。多方面から喜びの声が上がっています。

みんなの口コミ

合成保存料が無いので安心ですよ!(20代 男性 会社員)

飼い猫にヘルシーなものを食べさせたくて調べていたところ、シンプリーキャットフードを見つけました。合成保存料をはじめ、人工添加物である着色料が入っていない点が気に入りました。人間と同じで、それらが含まれる食品を毎日猫が食べ続ければ、ゆくゆく体に何らかの悪い症状が出てきてしまいます。猫は自分で食べるものを選べないので、飼い主である自分が、エサに対して高い意識を持つことが大切だと感じています。気になる食いつきですが、うちの子は問題なく食べてくれました。主原料がサーモンなので、袋を開けると魚のいい香りがします。香料は不使用ですが、特性のサーモンソースで一粒一粒コーティングされているので、そのおかげで猫の食欲をそそってくれています。

危険度は低いとされていますよ。(70代 女性 定年後)

最近食欲がなく、腸の調子も悪いようなので、何をあげればいいか悩んでいました。おばあちゃん猫なので、「しかたがない」とあきらめかけていたましたが、友人からシンプリーキャットフードを勧められ、試してみることにしました。シンプリーキャットフードには消化しにくい穀物が入っていないので、食べさせているうちに便の状態が良くなってきました。また与えた分だけ、完食してくれるようになりました。食べ終わった後、昔のように満足そうな顔をしてくれます。猫の食事に十分配慮されているので、害のある添加物なども入っていないのがうれしいです。おいしくても、健康を脅かすものなら意味がありません。できるだけ長生きしてもらいたいので、危険度の低いシンプリーキャットをあげ続けようと考えています。